国の重要無形民俗文化財に指定されている福島県三島町の小正月行事「サイノカミ」が15日、町内各地区で行われた。
 地域住民が勢いよく燃え上がる火柱に五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災などを願った。
 400年以上続く伝統行事で、各地区が昔ながらの手法を守り、継承している。地区ごとにサイノカミの形や由来には違いがあり、川井地区では、ご神木にわらを巻き付けて高さ約10メートルのサイノカミを完成させた。
 今年は雪がなく、雨が降りしきる中、午後7時に点火。正月飾りなどが燃やされて火柱が立ち上り、集まった住民が炎を眺めながら1年の幸福を祈った。