塙町の有志団体「小高常勝気龍会」は、同町のすずき建材土木の事務所前広場に、厄よけの神様として知られる「鍾馗(しょうき)」ののぼり旗を掲げた。6日まで。
 同会は地域交流を目的に、大型連休期間中に毎年こいのぼりを揚げる「小高こい祭」を開催しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止。代わりに感染防止のため、鍾馗ののぼり旗を掲げたという。
 広場に掲げられたのぼり旗は2本。のぼりに描かれた鍾馗の絵が感染拡大を防ごうと、周囲に強いまなざしを向けている。