新型コロナウイルス感染症の終息を願い、お菓子の蔵太郎庵(会津坂下町)は5日、無病息災の会津の縁起物「赤べこ」と疫病退散の力を持つとされる妖怪「アマビエ」を描いた菓子「会津の天神さま 赤べことアマビエ」を発売する。
 目黒徳幸社長が二つのキャラクターの効果に注目し、赤べこの背中にアマビエが乗った絵を考え、菓子に描いた。
 不要不急の外出自粛などが続く中、目黒社長は「お菓子は人を明るい気持ちにしてくれる。人との心のつながりを応援したい」とPRする。
 1個185円(税込み)。今月いっぱいの限定販売だが、なくなり次第終了。希望者に疫病退散カードを贈る。