「NO!3密 裏磐梯2020 ジュンサイ摘み体験」が北塩原村で8月29日まで行われている。訪れた人たちが小舟をこぎながら、夏の味覚ジュンサイの収穫を楽しんでいる。NPO法人裏磐梯エコツーリズム協会の主催。
ジュンサイは、ぬめりのある粘液に包まれた新芽が食用として人気で、裏磐梯産は特にぬめりが多く、高級品とされている。
 20日は家族連れらが訪れ、ジュンサイ沼の水面に浮かぶ葉を手でかき分けて若芽を摘み取った。
 久しぶりの家族旅行で初めて福島県に来たという東京都の参加者は「ジュンサイを摘むのに、初めは大変だったけど、慣れてくると楽しい。食べるのも初めてだけど楽しみ」と話していた。
 時間は午前10時〜同11時30分。8月8日からは正午〜午後1時30分の午後の部も設ける。小学4年生以上が対象(小学生のみの参加は不可)。前日午後8時までに事前連絡が必要。参加費は保険料と消費税込みで中学生以上は1800円、小学生は1500円。
 申し込み、問い合わせは同協会(電話080・2827・1687)へ。