東北地方整備局は29日、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言解除後の管内の主要国道の交通状況を発表した。福島市の国道4号は、4月の大型連休前(4月20〜24日)が前年比約86%だったのに対し、6月22〜26日は前年比約98%と回復した。
 休日の比較でも4月29日の交通量が前年比約67%だったのに対し、6月20〜21日は前年比約98%と、例年に近い交通量に戻った。トラックなどの大型車の交通量は平日・休日、県境部・都市部の違いに関わらず、大幅な変化はなかった。
 調査は管内主要国道の県境部、都市部で4月20日〜今月26日まで行った。