毎週総額10億円を還元するキャンペーン

11日、都内の家電量販店にできた長い行列。

そのお目当ては、10日から始まった、「au PAY」の「毎週10億円もらえるキャンペーン」。

来店客

SIMフリーのiPhoneを購入しようと思ったけど、ちょうどauのキャンペーンがスタートしたので、auの20%キャッシュバックで購入しようかな。

来店者

最大20%がポイントで戻り、決済額に応じて最大7万円分を還元

このキャンペーンは、対象店舗で「au PAY」を使って支払えば、最大20%がポイントとして戻ってくるというもの。

3月末までの期間中、決済額に応じて、最大7万円分が還元される。

7週にわたって行われるこのキャンペーンは、毎週の還元総額が10億円に達したら終了だが、2日目の11日、すでに還元額が10億円に達する見込みだとして、11日午後11時59分59秒でキャンペーンが終了した。

コンビニや飲食店、ドラッグストアなど、「au PAY」が使用できる店で還元を受けられる。

ビックカメラ有楽町店を訪れた客

客A「(何を買う予定?)オーブンレンジ。6万円ぐらい」

客B「台所用品とか10万円ぐらい」

ビックカメラ有楽町店・川崎義勝店長

白物家電が非常に売れていて、特にエアコン、ドラム洗濯機、冷蔵庫、そういったものが売れている。

ビックカメラ有楽町店・川崎義勝店長

「au PAY」は、ドコモやソフトバンクなどau以外の回線を使っている人でも利用できることから、このキャンペーンを機に大幅な利用者数増加が見込まれている。

多様化するキャッシュレスサービス、シェア争いがますます激化するとみられる。

キャッシュレスは必然的に広まってくる

三田友梨佳キャスター

キャッシュレスを広めるために様々なキャンペーンが展開されていますね。

キャスター取締役COO・石倉秀明氏

そうですね。今回のようにキャンペーンをきっかけにキャッシュレスを始める方は多いと思いますが、キャッシュレスの普及自体が思ったほど進んでいない印象です。

個人にしてもお店にしてみても現金を使うことが安全だし特に不便がないということが大きいと思っていて、個人を見てもATMはコンビニなどたくさんのところに置かれているのでお金を下ろすのも不便でないし、お店にしてもレジの管理、お金の管理をアルバイトに任せても盗難されるリスクが非常に低く、それは他の国と違うところなので、大きくキャッシュレスに踏み切る理由がないと思います。

石倉秀明氏

三田友梨佳キャスター

これまで以上に普及させるのは難しいということですか?

キャスター取締役COO・石倉秀明氏

ただ、ATMの維持コストもかかるので今後台数が減ってくることは十分にあります。特に地方でそうなると思っています。人手不足も深刻ですからお店の無人化も出てくると思うので、キャッシュレス自体が必然的に広まってくる、使わざるを得ない状況で広まってくると思います。

三田友梨佳キャスター

今回のように普及に向けて各社のキャンペーンの競争は熱を帯びていますが、キャンペーンが終わった後どれだけの人が利用を続けるのか気になりますし、普及のためには様々なアプローチが必要なようです。

(「Live News α」2月11日放送分)