無人「空飛ぶトラック」商用化へ ヤマトHDが共同開発へ

無人「空飛ぶトラック」商用化へ ヤマトHDが共同開発へ

物流大手のヤマトホールディングスは、無人の「空飛ぶトラック」の商用化を目指すと発表した。

ヤマトホールディングスによると、無人輸送機、いわゆる「空飛ぶトラック」を共同開発することで、アメリカの輸送機製造大手と基本合意書を締結したという。

最大450kgの荷物を時速およそ160kmで運び、中長距離での貨物輸送などに活用する方針。

ヤマトは、2019年8月までに試験飛行を実施し、2020年代半ばまでの実用化を目指すという。

「空飛ぶクルマ」をめぐっては、官民の協議会で、安全確保や運航管理などのルール作りについての議論が始まっている。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索