「自動運転」でお届け 日本郵便が実験

「自動運転」でお届け 日本郵便が実験

日本郵便は、人手不足解消を狙った自動運転による配達の実験を公開した。

自動運転は、5段階あるレベルのうち、運転手が乗らずに交通状況や速度など、限られた領域で走る「レベル4」で行われた。

22日の実験は、ゆうパックの配送を想定したもので、郵便局の構内に設定したおよそ1.5kmのコースを時速20km程で走行した。

また、緊急時に遠隔操作ができるよう、モニターで監視をしている。

ネット通販の拡大により荷物配送が増える中、ドライバー不足を解消したい狙いがあり、2020年以降の実用化を目指していく。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索