14日東京株式市場終値 199円69銭高の2万0655円13銭

14日東京株式市場終値 199円69銭高の2万0655円13銭

14日の東京株式市場は、アメリカ通商代表部が中国に対する一部関税先送りを表明するも、投資家たちの買いは伸び悩んだ。

14日の東京市場は、中国に対する制裁関税で、アメリカ通商代表部が一部品目の発動延期を発表したことを受け、幅広い銘柄に買いが入り、寄り付き直後におよそ240円まで上げ幅を広げた。

しかし、米中の貿易摩擦が本格的に緩和されると見る向きは少なく、その後は、上げ幅は縮小する展開となった。

日経平均株価の終値は、13日に比べて、199円69銭高い、2万0,655円13銭。

TOPIX(東証株価指数)は、1,499.50だった。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索