東京駅のエキナカ店舗が、地球に優しくなる。

ふわふわのチーズスフレに、カラメルソースがたっぷりかかったクリームパン。

魅力的な食べ物や土産品が並ぶ、JR東京駅のエキナカ商業施設。

1年間で廃棄される食品は、およそ100トンにのぼり、東京駅では、このフードロスの削減を目指し、ある取り組みが始まった。

午後10時、営業を終えたベーカリーで行われていたのは、売れ残った商品の袋詰め作業。

袋詰めされたパンは、1kg300円で買い取られ、従業員が利用する休憩所へ。

あらためてパンを机の上に並べると、東京駅で働く従業員に販売された。

この「レスキューデリ」と呼ばれる取り組みは、売れ残った商品を店舗から買い取り、東京駅で働く従業員に向け、格安で販売する仕組み。

この日は、通常6個で1,800円ほどするパンが、500円で販売され、気づけば、仕事を終えた従業員の長蛇の列が。

そして、販売開始からおよそ30分、パンは売り切れに。

フードロスの削減を目指し始まったこの取り組み。

一方、商品を購入した従業員や、買い取ってもらったベーカリーは、意外なメリットを感じていた。

商品を購入した従業員「客から『(おすすめの)パン屋どこ?』と聞かれた時に、『こういうのありますよ』と、リコメンドにもつながる」

商品を買い取ってもらったベーカリー「売れるべきパンを一袋にまとめて、生ゴミとして捨てているので、駅を使う客にも、あまり良い印象は持たれないとは、常々思っていた」、「パンを捨てていないというところで、ブランドイメージも良いのではないか」

さらに、本来食べられるにもかかわらず捨ててしまっていたパンを再び商品としてよみがえらせることで、職人のモチベーションアップにもつながるという。

さまざまなメリットが見えてきたこの取り組みについて、担当者は...。

鉄道会館 経営企画部・播田行博課長「JR東日本グループの商業施設で、こういった取り組みを広げていければいい」、「これをさらにブラッシュアップさせて、当社だけに限らず、ほかの商業施設にも広がるようなサービスを確立したい」

三田友梨佳アナウンサー「こうしたフードロスへの取り組みは、加速させていきたいですね」

端羽英子氏(コメンテーター 株式会社ビザスク代表取締役CEO)「フードロスというとやわらかく聞こえますが、大量の食料品をごみとして捨てているわけですから、持続可能な社会をつくるためにも、これは何とかしなければいけない課題だと思います」

三田友梨佳アナウンサー「フードロス対策を進めていくために、端羽さんは、どんなことが大切かと考えていますか」

端羽英子氏「1つには、フードロスがもったいないというものがビジネスになる。課題が大きいので、ビジネスチャンスがあるところだと思いますし、もう1つは、そもそも作り過ぎない。フードロスを出さないために、例えば企業であれば、データをさらにさらに活用して、ニーズを精緻に把握していく、そんな努力も必要だと思います」

三田友梨佳アナウンサー「そして、わたしたち消費者も気持ちを改めなければいけない部分ありますよね」

端羽英子氏「過剰なサービス、品ぞろえだったりを期待しすぎることなく、どこまでわたしたちが意識を変えていけるかというものも大事なことだと思います」

三田友梨佳アナウンサー「食べ物を無駄にしないという意識はあっても、なかなか行動に移せないということも多いと思いかもしれません。1人ひとりの積極的な取り組みが求められます」