トヨタ自動車は、電動垂直離着機「eVTOL」の開発に取り組むアメリカの「Joby Aviation」に、3億9,400万ドルを出資し、空の移動事業に参入すると発表した。

「eVTOL」は、ヘリコプターと小型飛行機の特徴をあわせ持つ短距離向けの移動手段で、“空飛ぶタクシー”としての活用を目指している。