株価は、ストップ高。

ソフトバンクグループは、今後、1年かけて最大4兆5,000億円分の資産を売却、または資金化をすると発表した。

調達した資金は、最大2兆円の自社株買いをするほか、負債を削減して、財務を強化する。

市場では、保有株価値に比べて、株式が大幅に割り引かれて取引されていることから、こうした低評価を改善したい考え。

ソフトバンクグループの株価は、投資先の企業の業績への懸念などから急落していたが、この発表を受け急騰し、ストップ高で取引を終えた。