マツダは、国内外の工場の操業を一時停止すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大による海外での販売不振などが影響しているためで、広島県と山口県にある2つの工場を、3月28日から4月30日までのうち、13日間操業を休止するほか、8日間は短縮し、生産の調整をするという。

また、メキシコとタイの生産拠点についても、一時操業を停止するとしている。