「スマートシティー」構想で、トヨタとNTTがタッグを組む。

トヨタ自動車・豊田社長は、「NTTとともに、未来を創造するための投資」と話した。

NTT・澤田社長は、「スマートシティーの社会基盤をトヨタと一緒につくり上げていく」と話した。

トヨタ自動車とNTTは、人や車、サービスがインターネットでつながる最先端都市「スマートシティー」構想で資本業務提携することで合意したと発表した。

相互におよそ2,000億円を出資し、トヨタが持つ自動運転などモビリティの最先端技術と、NTTが持つ5Gなどの通信インフラ技術などを組み合わせ、スマートシティー構想を推進していくという。

これまで、両社は自動運転技術の基盤開発でも協業を進めていて、今回の提携により、世界での競争力を高めたい考え。