企業の「内部留保」が、過去最高を更新した。

財務省が発表した2019年度の法人企業統計によると、企業が蓄えた内部留保に当たる「利益剰余金」は、475兆161億円と、前の年に比べ2.6%増え、8年連続で過去最高を記録した。

世界経済の減速や、新型コロナウイルスの感染拡大などを受けて、企業が投資を抑制したことなどが要因。

麻生財務相「内部留保が厚くなかったら、コロナ対応はもっときつかった。財務大臣の口車に乗って、投資しなくてよかったと思っている経営者もいるのではないか」

政府は企業に対し、内部留保を、投資や給与などに回すよう促してきたが、麻生財務相は、閣議後の会見で、内部留保が積み上がっていなければ、企業の感染症対応はもっと厳しかったとの見方を示した。