働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

耳で聞く、新しい社内コミュニケーションの可能性に迫った。

何やら楽しい会話が聞こえてくる、ラジオの収録現場。
メンバーは、企業の社長と従業員。

社内のメンバーで行われる、社内ラジオの可能性とは。

東京・千代田区にある「パネイル」。
エネルギー業界向けのクラウドサービス開発を手がけるベンチャー企業。

ここでは、毎週金曜日、従業員が楽しみにしている社内向けのラジオ番組の配信がある。

社長の名越達彦さんがメインパーソナリティーとなり、週に1回、20分程度の番組を社内サイトで配信している。

話す内容は趣味や家族の話、恋愛相談など多岐にわたるが、そのほとんどが業務とは関係のない話。

この取り組みは、学生時代に“はがき職人”だったラジオ好きの社長が考案した。

パネイル・名越達彦社長「大阪、名古屋、福岡と4拠点でやっているが、その拠点間をまたいでコミュニケーションをとるというのが、だんだん(組織が)広がっていって取りづらくなっていく中で、ラジオの空気感みたいなところを会社に持ち込むことができると、社内で新しいコミュニケーションの活性化が生まれるかなと」

ラジオには、毎回異なる従業員ゲストが登場。
今回のゲストは2019年、パネイルに転職したばかりの梅村尚吾さん。

普段関わることがない従業員の業務以外の話を聞くことで、交流のきっかけになるという。

従業員「『この前のあれ聞きましたよ』みたいな事前情報があるなしで結構違う」、「誰かのを聴くと、勝手に親近感みたいなのが湧いて、コミュニケーションの壁が1個なくなる感じがするので」

また、新型コロナウイルスの影響でリモートワークになったことをきっかけに、「パネラジ」もリモート収録に。

パネイル・名越社長「リモートならではの生活で工夫していると思うんですけど、『こんなんやってまっせ』というのを、ぜひ教えてもらいたいなと」

普段なら、なかなか参加できない地方拠点の社員も参加できるようになった。

パネイル・名越社長「社長と社員、その間のいろんな管理職もいる。そういった人たちが、みんな一枚岩で仲良くやっているというところにおいては、人と人の距離感が近いというのは、すごく大事だと思っていて、また違うやり方をすると、新しいコミュニケーションが生まれていって組織というのは醸成されていくと思う」