新型コロナウイルスの感染が確認された、プロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎投手(25)と一緒に食事をした選手2人が、検査の結果、陽性だったことがわかった。

阪神タイガースの藤浪投手は、発熱やせきなどの症状はなかったが、数日前から「匂いを感じない」という嗅覚の違和感を訴えていて、PCR検査を受けた結果、26日に陽性が確認された。

また、大阪府や関係者によると、阪神タイガースの20代と30代の選手が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

新たに感染が確認された2人は、3月14日に藤浪投手と一緒に食事をしていたという。

20代の選手は3月18日に発熱し、30代の選手に発熱やせきなどの症状は確認されていない。

これでプロ野球選手で感染が確認されたのは、あわせて3人となり、阪神タイガースは26日、1週間以上の活動休止を表明している。

感染が確認された3人は、いずれも味覚や嗅覚などに違和感を訴えているという。

NPB(日本野球機構)の井原敦事務局長は、27日午前に取材に応じ、「専門家の指導をいただき、感染防止に努めると」したうえで、「今は4月24日の開幕を目指す」という方針を明らかにした。

(関西テレビ)