看板と建物に誹謗中傷の落書きが

2月12日午前3時過ぎ、大阪府堺市の駐車場で防犯カメラが捉えた怪しい人影。

立ち止まって車に乗り込むのかと思いきや、向いているのは奥の看板のほうだ。

約2分後、この人物はもと来た道を戻っていった。

そしてその後見つかった落書きされた看板がこちら…

スプレー塗料らしきもので「借King」の文字が。お金に対する恨みでもあるのだろうか?「○○くん」などと個人名も書かれていた。

今回見つかった落書きはこれだけではなく他にも…こちらは判読不明な文字が書き殴られている。

こちらは看板の後ろ側にも「借金」などと落書きがされていた。

更に、落書きは駐車場に隣接する建物にまで及んでいた。「借金王」「ハゲ」「先生」「金返せ」「自作自演」「ナイス写真」などと大きな文字で誹謗・中傷するような内容が書かれていた。

駐車場の看板と同じ黒い文字で壁に描かれた落書き。

落書き被害に遭った薬局の店長に話を聞いた。

被害に遭った薬局の店長:

やっぱりこっち狙われたんかなと思います。怒りというか、普通、人って理性でそういう怒りを抑えられるのに、抑えられない気の毒な方。悲しいです…

3年前にも剥離剤がまかれる事件が…

落書きへの怒りよりもこみ上げる悲しさ。実はこの駐車場では3年前にも事件が起きていた。

駐車場の車を何者かによってパンクさせられていたうえ、車体に塗料を剥がすために使われる強力な薬品の剥離剤がまかれていた。

こちらの写真は無残に塗装がはげた車のようす…今回の落書きと何らかの関わりがあるのだろうか?

被害に遭った薬局の店長:

(落書きは)自分で消そうと思っても消えないので、業者さんに頼んでも30万〜40万円くらいかかるのではないですか

被害に遭った薬局の店長は今後、警察に被害届を出す考えだ。

(「Live News it!」2月14日放送分より)