アイドル自殺 遺族が提訴へ 事務所側、パワハラ否定

アイドル自殺 遺族が提訴へ 事務所側、パワハラ否定

ご当地アイドルだった少女が自殺したのは、事務所のパワハラなどが原因だったと、遺族が涙ながらに訴えた。

大本萌景(ほのか)さんの母親・大本幸栄さんは、「親族は、3月21日に最愛の娘を失いました」と話した。

愛媛県のご当地アイドルのメンバーだった大本萌景さん(当時16)は、2018年3月に自殺した。

遺族は、大本さんが過密なスケジュールを相談したところ、事務所側から「世の中ナメるにもほどがあるぜ」などと返されるなど、パワハラ行為などが原因で自殺したと主張し、12日、松山地裁に提訴する。

一方、当時の所属会社の佐々木貴浩代表取締役は、「今回の提訴に関しては、真実にあったこと、ちゃんと裏付けがあること、萌景ちゃんとのやりとりで言ったこと、交わしたことはお伝えしていこうと思います。それは裁判の場で」、「(やめるなら1億円支払えと電話で言われたと、遺族が主張しているが?)一切ございません」などと反論した。

(テレビ愛媛)


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索