「時限式発火装置」を使用か...「放火」で逮捕 元消防団員

「時限式発火装置」を使用か...「放火」で逮捕 元消防団員

空き家に放火したとして逮捕された元消防団員の男が、時限式の発火装置を使った疑いがあることがわかった。

元消防団員の松本健太郎容疑者(36)は、9月9日夜、岡山・津山市の空き家に侵入し、放火した疑いで11日に逮捕され、12日、送検された。

津山市では、2017年1月から9月にかけて、空き家や倉庫が焼ける不審火が、少なくとも28件相次いだため、警察が、現場周辺に複数の防犯カメラを設置。

9月9日の夜、出火前の空き家に入る松本容疑者が映っていた。

近所の人が火事に気づいたのが、松本容疑者が空き家に入り、2時間ほどたってからだったことから、警察は、時限式発火装置を使った疑いがあるとみて調べている。

(岡山放送)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索