残業時間 若手より50代が長いワケ 「働き方改革」進む中

残業時間 若手より50代が長いワケ 「働き方改革」進む中

残業時間について、意外な実態が明らかになった。

政府や企業が「働き方改革」を進める中、人材派遣サービスを行う企業が、20代から50代の働く人を対象に、1カ月の平均残業時間に関する調査を行った。

その結果、一番残業時間が長かったのは50代で、平均19時間。

それとは対照的に、一番短かったのは20代前半の14.9時間。

20代や30代に比べ、50代の方が、残業時間が長いという結果になった。

これについて、労働問題にくわしい島崎量弁護士は「若い世代、20代の方の残業に対する意識の変化が表れていると言えるかと。長時間働くことを美徳とするような意識が、いい意味で失われていて」、「(50代の残業が一番多い理由は?)やはりまだ、昔ながらの長く頑張って働くことに対するプラスイメージが、なかなか抜け切れていない世代なのかなと」などと話した。

また、会社全体としての事情も。

島崎弁護士は「時短が進む他方で、仕事は減らないので、そのしわ寄せを管理職が被っている。結果として、50代は労働時間が長い傾向があると推測できる」と話した。

若手より50代のほうが長く働くというのは意外な結果だったわけだが、働く人の残業時間、実際はどんな状況なのか、街で聞いた。

コンサルティング業(50代)

「習慣的に会社に長時間いるというのは、空気としては理解できる。1人だけ『お先!』って帰りにくいのも、わたしたちの世代が持っている文化かも」

建設業(40代)

「早めに若い子を帰らせないと、上の人が抱えざるを得なくて。結局上が受け止めているような企業もあるんじゃないか」

自動車関係(30代)

「遅くまで残ってやっているというのが、アピールにつながっているのかなと思う。雑談だけで残業している人とかを見ると、帰ったらいいんじゃないかなと思うようなところもある」

不動産業(20代)

「今、働き方改革がすごく進んでいるので、上司から率先して『仕事終わったら、先に帰っていいからね』と声をかけてもらって、きょうもこの時間(午後6時10分)に帰れた」

競馬関連会社(20代)

「家庭がない人は、割と仕事命でやっている人がいるイメージはある。やることないんじゃないですか、帰っても。若手のうちは働いて、管理職になったらすぐ帰りたい」


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索