警察官 ひき逃げされ死亡 定年退職の直前...

警察官 ひき逃げされ死亡 定年退職の直前...

23日朝早く、三重・大紀町の国道で、三重県警の60歳の男性警察官が、車にひき逃げされ死亡した。

23日午前4時20分ごろ、三重・大紀町の国道の横断歩道で、男性が頭から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、警察に通報した。

男性は、近くに住む三重県警大台警察署・地域課長の於久裕彦さん(60)で、すぐ病院に運ばれたが、まもなく死亡が確認された。

現場は、片側1車線の信号交差点で、付近にタイヤのスリップ痕があったことから、警察はひき逃げ事件とみて、逃げた車の行方を追っている。

於久さんは3月、三重県警を定年退職する予定だった。

(東海テレビ)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索