東京・福岡でサクラ開花 春の嵐も

東京・福岡でサクラ開花 春の嵐も

春分の日の21日、広い範囲で南風が強まり、春の嵐となりそう。

そうした中、20日の長崎に続いて、東京と福岡で桜の開花が発表された。

ふっくらと膨らんだつぼみの横で、淡いピンクの花びらがしっかり開いている。

福岡市では、6輪の桜が咲いているのが確認された。

東京・靖国神社では、桜の開花が発表され、5輪以上咲いているという。

20日の季節外れの暖かさで、ほころび始めていたつぼみが一気に開き、標本木の周りには、カメラを構えた多くの人の姿が。

見に来た人は「(咲いているのを)確認しました」、「1、2、3(輪)とかたまりがあったので」、「いい時に巡り合えたかな」、「(桜を見てどうだった?)楽しかった!」などと話した。

一方、西日本では南風が強まり、春の嵐が吹き荒れている。

このあとも全国的に季節外れの暖かさで、桜の開花が進むとみられる。

いよいよ桜前線がスタートしたが、満開となるのはいつなのか。

日本気象協会の予想によると、21日に開花した東京では29日、愛知・名古屋で31日、広島と愛媛・松山では4月2日になっている。

満開前線はどんどん北上し、北海道・札幌では5月4日が満開の予想になっている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索