保育士の32歳女性刺され死亡 不審な男逃走中

保育士の32歳女性刺され死亡 不審な男逃走中

東京・杉並区のアパートで女性が刃物で刺され死亡した事件で、死亡したのは、この部屋に住む32歳の保育士と確認された。

26日昼すぎ、杉並区下井草のアパートの部屋で、刃物で刺され死亡した女性について、警視庁は、この部屋に住む保育士の照井津久美さん(32)と確認した。

照井さんは、包丁のような刃物が左肩のあたりに後ろから刺さったままの状態で見つかった。

服装などから、帰宅直後に襲われたとみられ、部屋には争った跡があったという。

また、部屋のベランダの窓ガラスの鍵付近が割られていたことから、犯人がベランダから侵入した可能性もあるという。

現場アパートからは、北の方角に逃げていく、黒っぽいコートを着た身長160cmから165cm、30代とみられる男が目撃されていて、警視庁は、殺人事件として男の行方を捜査している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索