陸自で集団カンニング 45人懲戒処分 試験問題アプリで送信

陸自で集団カンニング 45人懲戒処分 試験問題アプリで送信

陸上自衛隊で集団カンニングをしたとして、45人を懲戒処分。

兵庫・伊丹市にある陸上自衛隊中部方面隊の発表によると、7月、滋賀県の大津駐屯地で3等陸曹になるための3カ月間の教育課程が行われていた。

教育課程を卒業するには、実技と筆記の試験に合格する必要があり、教官を務めていた47歳の陸曹長は、授業中に「教官室に試験問題がある」と発言したという。

この発言を受け、5人の自衛官が教官室で不正に試験問題を入手し、ほかの隊員にスマートフォンのアプリで送信した。

8月、試験問題を持っている自衛官を別の教官が見つけて、問題が発覚し、中部方面隊は、自衛官45人を懲戒処分とした。

(関西テレビ)


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索