「文政権がやろうとしているのは保身だけ」 小野寺前防衛相

「文政権がやろうとしているのは保身だけ」 小野寺前防衛相

自民党の小野寺前防衛相は、25日朝の「日曜報道THE PRIME」で、韓国がGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)を破棄したことについて、「文在寅(ムン・ジェイン)政権がやろうとしているのは保身だけだ」と厳しく批判した。

小野寺前防衛相は、「文政権がやろうとしているのは、保身だけですから」、「国内の自分の足元に火が付いているから、見方を変えさせようと思ってやっているとすれば、その国の大統領として、もっとしっかり、国民のことを考えるべきだ」などと語った。

さらに、小野寺氏は、韓国大統領府が22日に、GSOMIA破棄は、アメリカも理解していると説明したことについて、「外交当局や政府関係がうそをつくということは、普通の国ではありえない」としたうえで、「アメリカは、相当怒っている。韓国にとって、安全保障、特に対米関係で、大きなマイナスをもたらした」と指摘した。


関連記事

FNN PRIMEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索