総務省は、NHKがインターネット上でテレビ番組を同時に流す「常時同時配信」を認可した。

高市総務相は閣議後の会見で、費用の抑制的な管理や、民放などとの協力に向けた協議を条件に、NHKが再提出したネットの実施基準案を認可する方針を示した。

審議会が基準案を了承したのを受けて、総務省は正式に認可した。

当初提出された案は、高市総務相が「業務の合理化・効率化」などを求めて認可の方針を示さず、NHKは2019年12月、費用の抑制や配信時間短縮などを盛り込んだ修正案を提出していた。