東京オリンピック・パラリンピックの観戦チケットのデザインが15日午前、発表された。

東京都内で行われている東京大会のイベントには、パラリンピックのアスリートや、南海キャンディーズの山里亮太さんらが登壇し、チケットのデザインが発表された。

各競技を絵文字で表した「ピクトグラム」が描かれたチケットは、会場ごとに色が異なり、オリンピックは59種類、パラリンピックは25種類ある。

紙のチケットを希望した当選者には、5月以降に配送されるほか、午後から東京の「日本橋三井タワー」で一般公開される。

一方、イベントでは、15日からパラリンピックチケットの2次抽選販売の申し込み受け付けが始まったことを受け、アスリートらが会場での観戦を呼びかけた。

申し込みは29日が締め切りで、抽選結果は2月18日に発表される。