15日、北方領土周辺で、北海道・根室市のタラ漁船がロシア側の臨検を受け、国後島に連行された。

外務省や北海道庁によると15日、許可を受け、色丹島付近でタラ漁をしていた根室市の歯舞漁協所属「第68翔洋丸」が、ロシア側の臨検を受け、国後島に連行された。

当時、翔洋丸には6人が乗っていた。

翔洋丸と同じ海域で漁をしていたほかの漁船によると、翔洋丸は、ほかの漁船が漁をやめたあとも1隻だけ残って漁を続けていたという。

ロシアメディアによると、ロシア国境警備局は、「日本の船を拘束したのは事実だ」と話していて、翔洋丸は拿捕(だほ)されたとみられているが、くわしい経緯は明らかになっていない。

(北海道文化放送)