日本中を感動させた、あの選手の銅像が母校に寄贈された。

ラグビーワールドカップで、キャプテンとして活躍したリーチマイケル選手の等身大像が、16日、高校時代を過ごした北海道の母校に寄贈された。

この像は、ラグビーワールドカップのスポンサー企業が、大会を盛り上げるために制作した強化プラスチック製で、大会終了後、リーチ選手から母校に寄贈された。

リーチ像は当面校舎内に飾り、春からは、グラウンドの桜の木の下に設置し、誰でも見られるようにするという。

(北海道文化放送)