日産の前会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡してから初めて、裁判の争点を絞り込む公判前整理手続きが東京地裁で開かれた。

16日の手続きには、ゴーン被告の弁護士も出席し、逃亡の経緯や保釈中の行動などについて説明したとみられる。

また、金融商品取引法違反事件でともに起訴された元代表取締役のグレッグ・ケリー被告と、法人としての日産の裁判はゴーン被告と分離して進められる方向で、16日の手続きでは、初公判の時期などについても協議したもよう。

一方、ゴーン被告の弁護団は、今後も逃亡が続けば、辞任する見通し。