ゴーン被告の担当弁護士が辞任。

弘中惇一郎弁護士「間違いなく辞任しました」

海外逃亡した日産の前会長、カルロス・ゴーン被告の弁護を担当していた弘中惇一郎弁護士や高野隆弁護士ら数人が辞任した。

引き続き担当する河津博史弁護士は、ゴーン被告の逃亡後、初の裁判の手続きに出席し、「日本に帰る見込みはないことをゴーン被告側に確認した」と述べている。