滋賀・大津市で、保育園児の列に車が突っ込み、園児2人が死亡した事故の裁判。

16日に判決が言い渡される予定だったが、異例の展開となった。

記者「被害者の皆さん、きょう判決が聞けると思って、こちらに来られたと思うんですね。急に、そういった話をされた理由を聞かせてもらえますか?」

新立文子被告(53)「すみません、ちょっと...」

記者「どういうお気持ちですか?」

新立被告「申し訳...あの体調が悪いので、すみません」

滋賀・大津市で、園児らが死傷した事故で、16日に判決を受けるはずだった新立文子被告。

しかし裁判は、判決言い渡しの延期という異例の展開となった。

過失運転致死傷などの罪に問われている新立被告。

2019年5月、大津市の交差点で起きた事故では、対向車を確認しないまま、右折して事故を起こし、散歩中だった当時2歳の伊藤雅宮ちゃんと原田優衣ちゃんが死亡し、14人がけがをした。

また保釈中に、出会い系サイトで知り合った男性にストーカー行為をした罪にも問われていて、検察側は2019年12月、禁錮5年6カ月を求刑していた。

新立被告「かけがえのない命を奪ってしまった。本当に申し訳ございませんでした」

法廷では、“謝罪の言葉”を口にしていた新立被告。

ところが、裁判が結審したあとの2019年12月、一部メディアに対し、対向車の運転手などへの不満を語った。

新立被告(メディアのインタビューで)「不運が不運を呼んだ。もしも事故のときに、せめて(直進車が)減速、あるいはブレーキ(をかけていたら)」

これを受け、検察側は16日の判決言い渡しの前に、審理の再開を申し立てた。

法廷で、被害者側の家族は、「被害者感情を踏みにじるもので、最大限の刑を受けても納得できない」と意見陳述した。

一部メディアに対し、法廷での説明とは異なる発言をしたことについて、新立被告は...。

新立被告「弁護士に事故のことがあるので、“自分が100%悪いことにしましょう”と言われ、ストーカーについては納得がいかないまま、裁判が進んでいった」

さらに、ストーカー行為については、内容の一部を争いたいと主張し、公判の延期を求めた。

裁判長は、「これだけの時間があったのだから、きちんと相談してきてください。非常に残念です」と述べ、判決を延期。

閉廷後、被害者側の代理人は、これまでの新立被告の反省の言葉は“訴訟戦略”にすぎなかったと批判したうえで、「被害者を愚弄(ぐろう)する態度だと思う。極めて遺憾。許し難い言動であったと受け止めている」と語った。

フジテレビ社会部・平松秀敏デスク「まったく聞いたことのないようなパターンの出来事だ。(判決の延期を狙った?)実刑判決を受ける可能性があり、判決を先延ばしにしようと、それを狙ったのではないかという印象を持たれてもしょうがない」

(関西テレビ)