国内で初めて感染が確認された新型コロナウイルス。

春節を前に、水際対策は万全なのだろうか。

中国・武漢市で発生が相次いでいる、新型コロナウイルスによる肺炎。

厚生労働省は16日、日本国内で初めての患者が確認されたと発表した。

新型のコロナウイルスに感染した30代の中国人男性は、武漢市に滞在中に肺炎患者と接触。

1月3日に発熱し、6日に日本に帰国した。

このとき、男性は解熱剤を服用していて、発熱を感知されずに検疫を通過したという。

その後、男性は熱が下がらなかったため、10日から神奈川県内の病院に入院。

症状が回復したため、15日に退院した。

厚労省の会見「同じところで生活している(家族の)方に、症状が何ら出てなく、これ以上拡大するというのはちょっと考えにくい」

厚生労働省は、ヒトからヒトに感染するリスクは比較的に低いとして、冷静な対応を呼びかけている。

また、1月末から始まる中国の旧正月・春節の休みに備え、武漢市から帰国・入国した人でせきや発熱の症状がある場合は、マスクを着用するなどし、滞在歴を申告したうえで医療機関を受診してほしいとしている。