新型コロナウイルスの感染による肺炎の中国本土の患者が、1,300人近くに達した。

ウイルスの感染者は、ヨーロッパやオセアニアでも初めて確認され、世界的な広がりを見せている中、国内では25日、3例目の感染が確認された。

25日午後5時すぎ、厚生労働省は、会見で「新型コロナウイルスに関連した感染者の国内の発生については、これが3例目となります」としている。

厚生労働省によると、3人目の感染者は、中国・湖北省武漢市に住む30代の女性で、18日から観光目的で家族ら4人で来日していた。

その後、都内を観光して、21日夜から発熱やせきの症状がみられ、23日に都内の病院で診察を受け、25日午後1時ごろ、新型コロナウイルスに感染していることが確認された。

女性によると、国内での移動はマスクを着用していたという。

女性は現在、症状が軽度であるため、ホテルに滞在していて、入院するどうかは25日にあらためて受診をして、医師が判断するという。

女性と同行している3人に、発熱やせきなどの症状は今のところ見られていないという。