1頭のサルが手にしているのは、バナナ。

さらに別のサルは、せんべいを手にしていた。

写真が撮影されたのは、鹿児島県の屋久島。

世界自然遺産のこの島の生態系が今、人間の餌やり行為によって脅かされている。

屋久島の固有種「ヤクシマザル」。

木の上でくつろいだり、ガードレールの下で仲よく座ったり。

同じく島の固有種である「ヤクシカ」とともに、のんびりする姿もあった。

こうした中に、なぜバナナを手にしたサルがいたのか。

環境省の職員が指摘する。

屋久島自然保護官事務所・柘植規江さん「このあたりにバナナは自生していないので、誰かがあげたものと思う」

浮上しているのは、誰かが餌やりをした可能性。

バナナだけではない。

2019年11月には...。

屋久島観光協会フェイスブックより「西部林道で大量のお菓子が置かれていた」

そこには、手にしたせんべいをほお張る姿が。

外国人観光客も含め、年間29万人以上が訪れる屋久島。

ここ1〜2年、餌をねだってか、サルが人を取り囲むなどの被害が相次いでいるという。

取材班は、写真が撮られた県道沿いの現場へ。

そこで目撃したのは、車が横を通過しても、逃げようとしないサルの姿。

さらに餌やりの痕跡か、県道沿いには、ペットボトルやお菓子の袋などのごみが落ちていた。

さらに、島の名産である、かんきつ類「タンカン」農家を訪ねると...。

タンカン農家「サルの被害すごいよ」

育てているタンカンは毎年、サルによって食べられてしまうという。

タンカン農家「(餌を)やれば、今度は餌付けというか、慣れてくる。農家のことを考えてもらって、(餌を)あげないでもらいたいと思います」

“餌やり”によって、サルが人間の食べ物の味を覚えることの危険は、計り知れないという。

広げた両手で、乱暴に窓ガラスをたたくサル。

佐賀市内では、住宅街に居座り続けた野生のサルが小学生に襲いかかるなど、凶暴化したサルによる騒ぎは、全国各地で起きている。

屋久島では、サルに餌やりをしないよう、SNS上で、英語や中国語で注意喚起を行い、野生のサルが現れる現場には看板を設置。

さらに罰則付きの条例を制定するなどして、対策を強化している。

(鹿児島テレビ)