電車の横、線路上をわが物顔で歩くのは、1頭のイノシシ。

11日午後5時前、福岡・小郡市の西鉄天神大牟田線の線路に、イノシシがいるのを急行列車の運転士が見つけた。

イノシシは、線路上を走ったり横切ったりしたため、列車は徐行運転し、10分ほどの遅れが出た。

小郡市内では、午後3時ごろから「イノシシがうろついている」との通報が複数あったが、これまでにけが人は出ていない。

(テレビ西日本)