ホテルの無断キャンセルを繰り返した疑いで親子が逮捕された事件で、被害額は1億円以上にのぼることがわかった。

岸田治子容疑者と息子の治博容疑者は、宿泊予約サイト「一休.com」を使って、複数のホテルの無断キャンセルを繰り返し、業務を妨害した疑いが持たれている。

その後の調べで、親子が、この1年の間に3,250回の無断キャンセルを繰り返し、宿泊施設側の被害額は、およそ1億1,500万円にのぼることがわかった。

また、2人は一休のシステムを悪用し、およそ250万円分のポイントを不正に得ていた。

警察は、別の宿泊施設でも無断キャンセルをした疑いで、2人を再逮捕した。

(関西テレビ)