クルーズ船では、39人の新たな感染者に加えて、初めて検疫官の感染も明らかになった。

頭からつま先まで、白い防護服ですっぽり覆い、ウイルス感染に細心の注意を払う医療従事者たち。

しかし12日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で作業にあたった検疫官が、新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。

検疫官の感染は、今回が初めて。

厚生労働省の男性検疫官は、2月3日から4日まで、船内で乗客の体温測定や質問票の回収業務にあたり、5日から7日までは検疫所で通常勤務。

ところが、9日に発熱などの症状があったため、10日、医療機関を受診。

ウイルス検査で、感染が確認された。

白衣、マスク、そして手袋をした医療従事者。

感染した検疫官は、WHOのガイドラインに従い、医療用マスクや手袋を着用。

作業のたびに消毒も心がけていたが、防護服は着用していなかったという。

乗客のSNSには、「問診で来られた時に、作業着に簡易マスクといった軽装だったので心配していましたが、やはり...」、「われわれの部屋に来た際、検疫官は最低限の防護しかしていなかった」などとあった。

なぜ感染してしまったのか、専門家は...。

獨協医科大学・増田道明教授「以前、SARSの流行があった時に、カナダの院内感染の事例で髪の毛についた飛まつ、これが手について、そこから感染したのであろうという例が報告されています。頭髪を覆うようなものを着用なさっていたのかということ、そこがちょっと気になりますね」

増田氏は、検疫作業にも全身を覆う防護服の着用が必要だったのではないかと指摘。

「ダイヤモンド・プリンセス」では、男性検疫官のほか、10代の女性を含む39人の感染が確認された。

10代の感染は、これが初めて。

1月、チャーター機の第1便で帰国し、千葉・勝浦市のホテルに滞在する人に届けられた「あと少しです。頑張ってください。鴨川市民より」と書かれたメッセージ付きの折り鶴。

滞在する176人は、12日午後にも再検査の結果が出る見通しで、感染が確認されなければ帰宅できることになる。

一方、中国本土の死者数は1,113人に達し、市民の不安はさらに拡大。

首都・北京の店舗では、ヒト-ヒト感染を防ぐための驚きのアイテムが投入されていた。

北京市中心部にある、まんじゅうの人気店。

新型肺炎の感染拡大を受けて、客と店員が接触せずに済むよう急きょ設けられたのが、商品受け渡し用のスロープ。

また、現金の受け渡しを避けるため、“できるだけQRコード決済で”と呼びかけている。

それでも現金を希望する客とは、長い棒をつけた透明のバケツでやり取り。

順番を待つ人たちも1メートルほどの距離を取って並んでいて、市民の警戒感が高まっている様子がうかがえる。