新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクが品薄状態になっていることについて、菅官房長官は、早ければ来週にも、品薄が解消されるとの見通しを示した。

菅官房長官「(マスクの品薄解消の見通し時期は?)考えているのは、来週以降ということであります」

菅長官は12日午前の会見で、「1月28日に増産を強く要請し、24時間生産などの態勢強化で、現在、1億枚以上を供給できる見通しができた」と述べていた。

そして、午後の会見で、品薄状態が解消される時期について、早ければ来週との見通しを示した。