居酒屋でスプレー缶を30秒ほど噴射したところ、夜の繁華街が騒然とするような事態となった。

居酒屋の店内を撮影した映像。

窓ガラスが割れているのがわかる。

下をのぞくと、粉々になったガラスが道路一面に飛び散っていた。

騒然となった繁華街。

11日夜、千葉・習志野市にある居酒屋で突然、爆発が起こった。

爆発を目撃した人「音が『バァン』じゃなくて『ダァン』と鳴って、ガラスがバリーンと落ちてきた」

道路を見てみると、ガラスの破片が広い範囲に散らばっていて、車が通ると、パチパチとガラスを踏んだ音が聞こえてくる。

降ってきたガラスの破片は、道路を歩いていた人を襲った。

店内にいた人「外に歩いていた方と話したら、歩いていた人は、スーパーの帰りに入れていた豆腐にガラスが刺さって、豆腐の袋が破れていたりしたので、ガラスはすごく飛び散ったんだなと」

この事故で、居酒屋の客や通行人など5人が負傷。

警察によると、爆発の原因とみられているのはスプレーだというが、どういうことなのか。

起きた場所はキッチン。

店員2人が、食洗機の下に向かってスプレーを30秒ほど噴射したところ、爆発したという。

居酒屋は縦長で、広さは83平方メートルほど。

3LDKほどの広さ。

食洗機から窓ガラスまでは、かなり離れている。

密閉空間でスプレー缶を使った実験映像。

部屋に見立てた箱にガスを充満させ、火をつけた。

すると、ガスに引火し、大きな爆発が起こった。

しかし、ここで1つの謎が。

当時、キッチンのコンロは、火がついていなかったという。

では、どうして引火した。

その可能性について、専門家のNITE 製品安全センター・柿原敬子さんに聞いてみると、「電化製品の中には、スイッチをONにした時、火花が出る製品もある。それが引火した可能性も否定できない」と話した。

スプレーを噴射しガスが充満すれば、ちょっとしたことでも、引火してしまうという。

これは、自宅のキッチンでも起こり得るという。

例えば、換気扇。

スプレー式の洗浄剤を使い、掃除をしたあとに、スイッチを入れると、火花が出て引火する可能性がある。

さらに冷蔵庫も。

モーターが自動で動き出す時に火花が出る。

これが火災につながることもあるという。

かつて、スプレー缶には不燃性のフロンガスが使われていたが、環境への配慮などから、今は可燃性のガスが使われている。

その結果、スプレー缶による事故も起きている。

2018年、北海道・札幌市のビルで、消臭スプレー缶のガス抜き作業中にガスが引火し、爆発した。

スプレー缶が原因とみられる火災は、2018年の1年間だけで91件。

日常に身近なスプレー缶だが、扱いによっては危険であることを意識する必要がある。