感染拡大をめぐる緊急対策で、政府が短時間での新型コロナウイルス検出への応用を想定している検査機器の詳細が、FNNの取材でわかった。

政府の対策には、産業技術総合研究所の開発技術をもとにした機器を、新型コロナにも対応できるようにする方針が盛り込まれる。

この機器は、5分から15分で目的とする遺伝子を検出できるとされ、およそ30cm四方と小型で、医療研究機関などで、インフルエンザウイルスや肺炎球菌などの検査に使われている。

商品化した杏林製薬は、「新型コロナでの有効性は確認されておらず、未知の部分が多いが、政府から要請があれば方針に沿って対応する」としている。