中国・武漢からチャーター機の第1便で帰国し、千葉・勝浦市のホテルに滞在していたすべての人が、再検査で陰性の結果が出たことを受けて、帰宅の途についた。

一方、チャーター機の第2便で帰国し、13日午前現在、埼玉県の国の施設などに滞在している199人については、すでに全員の検体が採取されていて、早ければ、13日中に再検査の結果が判明する見通し。

結果が「陰性」だった場合、前回の検査から、すでに12.5日の経過観察を終えているため、13日にも帰宅する予定。