東京・渋谷の道玄坂の路上で、専門学校生を暴行し、重傷を負わせた疑いで、30歳の男が逮捕された。

元会社員・北浦淳一容疑者(30)は1月、渋谷区道玄坂の渋谷マークシティ付近の路上で、専門学校生の男性(24)に、殴るけるの暴行を加え、外傷性心臓破裂など、全治1カ月の重傷を負わせた疑いが持たれている。

専門学校生は一時、意識不明の重体だった。

専門学校生の男性が落とした物を北浦容疑者が拾ったところ、トラブルになり、北浦容疑者が激高して暴行したという。

警視庁の調べに対し、北浦容疑者は「頭に血がのぼって暴行してしまった。やりすぎた」と容疑を認めている。