東京オリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は、新型コロナウイルスについて、政府と連携し、対応を進める考えを示した。

大会組織委員会・森喜朗会長「東京大会の中止や延期は検討されていないことをあらためてはっきり申し上げたい」

IOC(国際オリンピック委員会)と組織委員会の事務折衝が、東京都内で始まった。

IOCのコーツ調整委員長は、新型コロナウイルスについて、「すべてのアスリート、日本に来る方が影響を受けることがないよう、必要な警戒が行われているか」取り組み状況などを確認する考えを示した。

一方、組織委員会の森会長は、「政府と連携し、冷静に対応していく」と述べた。