国会では、安倍首相が12日、野党議員にヤジを飛ばした問題で、予算委員会の審議が止まっている。

野党幹部は、安倍首相のヤジについて、「史上最悪の発言だ」、「器が小さい」などと批判し、徹底抗戦する構え。

これは、安倍首相が12日の予算委員会で、質問を終えた野党の議員に「意味のない質問だ」とヤジったのがきっかけ。

これを受けて、立憲民主党など野党の幹事長が会談し、安倍首相が謝罪・撤回に応じなければ、懲罰動議を提出することを確認した。

立憲民主党・福山幹事長「午前中のうちに明確な回答がなければ、午後、野党は安倍晋三衆院議員に対する懲罰動議を提出する」

その後、与野党が断続的に協議した結果、与党側が週明けの集中審議に応じ、安倍首相が冒頭に発言することを提案。

野党側が受け入れるかどうかが注目されている。

発言やヤジをめぐるしこりは続くとみられ、予算案の年度内成立を目指す与党と野党の攻防は、さらに激しくなるとみられる。