2月に発表されたばかりの、2020年“買って住みたい街ランキング”。

三鷹、そして恵比寿と、人気の街を抑えて初の1位に輝いたのが、東京湾岸エリアの「勝どき」。

その理由に迫った。

首都圏の“買って住みたい街ランキング”。

2020年、堂々の1位に輝いたのは、東京・中央区の勝どきだった。

2019年16位からのジャンプアップ。

初の栄冠に地元の人は、「5〜6年前から便利だと思ってたけど、人が増えたなと。みんな気づいてきたのかなと」と話した。

今回、ランキングを発表したのは、不動産・住宅情報サイト「ライフルホームズ」。

掲載されている物件で、2019年の1年間で問い合わせの多かった駅名や地域を集計したもの。

トップ10は、1位・勝どきに続いて、2位は、2019年3位だった恵比寿。

3位の三鷹は、2019年の30位から急上昇した。

今回のランキングについて、LIFULL HOME'S事業本部長・伊東祐司さんは「勝どきが1位になった要因としては、五輪開催地としての注目度から、都市周辺エリアが、特に順位を押し上げた傾向が出ている」と分析する。

勝どきは、隅田川の河口に近い、2つの埋め立て地にまたがるエリアで、最寄りの駅は、都営地下鉄大江戸線の勝どき駅。

勝どき橋を渡れば、すぐに築地や銀座がある。

不動産事業プロデューサー・牧野知弘さん「築地大橋と勝鬨橋でつながる、勝どきエリアの住み心地の良さが注目される」

石窯で焼き上げられたパンがずらりと並ぶのは、勝どきのマダム、“勝どきーゼ”御用達の店「グーテ ルブレ 勝どき店」。

グーテ ルブレ勝どき店・今山浩志店長「すごく住みやすいんじゃないかなと思う。近くに幼稚園と小学校があるので、終わってから、お母さんと子どもたちが押し寄せたり」

勝どき在住 10年「東京駅もすぐなので、出張とかある方はすごく便利だと思います」

勝どき在住 6年「小さい子どもがいる家庭には、小児科も多いし、スーパーも多いし、公園も大きいのが多いし、とても子育てしやすい場所なのかなとは思います」

ご飯が見えないほど、マグロがてんこ盛り。

東京湾を望む、人気のマグロ丼の専門店でも聞いてみた。

お客さん「海も近くて眺めもいいし、1日楽しめると思います」

マグロ卸のマグロ丼の店・中嶌俊伸店長「1位になるべくしてなった街なんじゃないかなと思います」

しかし、銀座に近い勝どきの高層マンションは、これまで高根の花だった。

今後について、不動産事業プロデューサー・牧野知弘さんは「(五輪後、湾岸エリアの価格は?)全般的には下がると思います。新築のものを選ぶというよりは、築14〜15年の良い仕様の中古マンションを選ぶというのも、いい買い物ができるのかもしれません」