「世界に一つだけの花」などで知られる人気ミュージシャンの槇原敬之容疑者(50)が、覚せい剤取締法所持の疑いで逮捕された。

警視庁は、13日午後5時半から、槇原敬之容疑者逮捕について、逮捕会見を行っている。

槇原敬之容疑者は、東京・港区内のマンションで、覚せい剤0.083グラムを持っていた疑いなどが持たれていて、午後4時44分に、渋谷区神宮前の自宅で逮捕された。

警視庁は、槇原容疑者の認否を明らかにしていない。

槇原容疑者は今後、留置される予定の警視庁東京湾岸警察署に向かうものとみられている。

槇原容疑者は、1999年に覚せい剤を自宅に隠し持っていたとして、逮捕・起訴され、執行猶予付きの有罪判決を受けていた。