新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は、総額153億円の緊急対策を取りまとめた。

安倍首相「第1弾として、103億円の予備費の使用をあす閣議決定し、総額153億円を措置します」

政府は、13日夜、新型コロナウイルス対策本部で、2019年度予算の予備費103億円を含む、総額153億円の緊急対策を決め、14日に閣議決定する。

緊急対策は、検査や医療の体制強化、簡易検査キットやワクチンの研究開発など、感染症対策の強化に65億円、水際対策の強化に34億円、帰国者などの支援に30億円などとなっている。