新型コロナウイルスによる肺炎で国内初の死亡者が出たことがわかり、加藤厚労相が13日午後8時半すぎ会見で発表した。

亡くなった女性は1月22日に発症し、2月1日から神奈川県内の病院に入院していたが、13日死亡が確認された。

新型コロナウイルス肺炎の疑いがあったことからPCR検査を行っていたが、死亡後に新型コロナウイルス陽性であることが判明したという。